お金を借りる

 

今日中にお金を借りる|即日融資でキャッシング

今すぐお金が必要になったときは、キャッシングの即日融資を申込めば、申込をしたその日にお金が借りられます。
即日融資を申込むには満年齢が20歳以上65〜69歳までの安定した収入があれば、パートをしている方でもアルバイトをしている方でも申込ができます。

 

即日融資の初回申込でお金を借りたい時は、本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなど)の写しを必要になることと、口座振り込みの場合はおおむね平日の午後2時までに契約や手続きが完了していればすぐに振込をしてもらえます。

 

即日振込が可能なキャッシング会社をさがす

最近は申込をしたその日にお金が借りられるキャッシング業者も多くなっているので、知らないところへあわてて申込をする必要はありません。
即日融資で借りるにしても、金利や審査など他の要素も比較して、少しでも自分に有利になるキャッシング会社を見つけましょう。

 

即日融資ができるキャッシング会社を検討する場合「何時までなら振込が可能なのか」「審査にどれくらいの時間がかかるのか」「金利はどれくらい」などを比べて業者を選ぶ必要があります。

 

「当日振込可能」と書かれている業者を選ぶ

即日融資が可能な業者を選ぶ時は、確実に当日中に振り込んでもらえるかよく確認しましょう。
なかには「即日融資も可能」と書かれていても審査に時間がかかり、審査結果の連絡があったのが2,3日あとということもよくあります。
まずは、即日融資が確実にできるのかをサーポートセンターなどへ電話を入れて確認すればより確実になります。

 

次に、即日融資で借りるにはいつまで手続きを終わらせる必要があるのかが、明記されているところとそうでないところがあります。
これがはっきりしないと不安ですよね。
どうしても当日中にお金が必要な場合は、即日振込の締め切り時間がはっきりしているところを選びましょう。

 

即日融資は大手消費者金融ならすべて可能です。
たとえば、SMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」は平日14時までにweb契約が完了していれば即日振込が可能ですし、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば、24時間振込が可能です。
また、新生銀行カードローンレイクは、インターネット(即日振込み)なら平日14:00までに手続きが完了していれば即日振込が可能です。

 

そのほかにも、即日振込が可能なカードローンもありますが、条件として事前に口座を用意しておかなければならないカードローンもありますので、一般銀行の口座が利用できるのかを調べておく必要もあります。

 

金利を比較する

取りあえずお金が必要なのであわてて申込をしてしまい、あとで調べたらもっと金利が低いところがあったということがありますので、せめて金利だけはよく比べて申込をする事が大切です。
大手消費者金融の場合はほとんどが4,5%〜18,0%の範囲になっています。
初回申込時は通常、上限金利が適用されますので、たとえば「プロミス」の場合は上限金利が17,8%となっていますので、この金利が適用されます。

 

少しでも金利を低くして借りたいときは、銀行カードローンになります。
ただ、銀行カードローンの場合、1,99%〜7,99%というカードローンもありますが即日融資に対応していません。
即日融資に対応している三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は14,6%、三井住友銀行カードローンは14,5%、新生銀行カードローン「レイク」は18,0%と、上限金利が14,0%以上というカードローンが殆んどです。

 

返済方法で金利の差は気にならない

確かに少しでも金利を抑えて借りるのは賢い選択と言えます。
即日融資に限って言えば、銀行カードローンの金利と大手消費者金融の金利との差は、わずか数%程度違うだけです。

 

たとえば、10万円を給料日前の10日間借りたとして「バンクイック」と「プロミス」を比べてみると、
「バンクイック」は
10万円×14,6%÷365日×10日=400円が利用金利になります。
「プロミス」は
10万円×17,8%÷365日×10日=490円が利用金利なります。
こうしてみると、その差はわずか90円、20日間になっても180円の差になります。

 

返済を長期で考えている時は、金利の差が少なくても返済総額は大きく変わってきますが、短期返済で考える時は、あとで後悔するほどの差でもありませんし、むしろ即日融資でお金を用意しなければならない時は、借りやすさを優先するのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

 

サービス面も比較する

キャッシングのサービスとしてプロミスなど「無利息期間」を設けているキャッシング会社もあります。
「無利息期間」は一定期間の間は利息を払わなくてもよいというサービスがあります。
少しでもお得なキャッシングをしたい時は、「無利息期間」が利用できるキャッシング会社を選ぶのも選択肢のひとつです。

 

また、毎月返済に提携コンビニATMなどを利用すると手数料が発生する場合があり、利用手数料は1万円以下なら108円、1万円以上は216円が必要になります。
キャッシング会社を選ぶときは、提携ATM手数料が無料で利用できるキャッシング会社もあります。

 

特に長期返済になる場合、金利外にコストが増えるので、できれば手数料無料で利用できる提携ATMを多くそろえているキャッシング会社を選ぶこともポイントのひとつです。